これはあり?やばい広告を出すファッションブランド【美大受験ブログVol.2】

美大受験

今回は面白い宣伝の方法をとっているファッションブランドを紹介して行きますい。

なんてファッションブランド?

まずは今回お話ししていく特殊な宣伝をしているブランドは

UNITED COLORS OF BENETTON

というブランドです。世界的に有名なブランドなので知っている人もいるのではないでしょうか?

では早速このブランドの広告を見て行きましょう。

実際の広告たち

服に血がついているのを表現しています。

教皇とイスラム教の最高指導者?のような人がキスをしている写真です。

白人が天使、黒人が悪魔、、?人種差別を彷彿とさせる写真。

白人女性と黒人女性の間にアジア人の子供が生まれているのを表現しているのでしょうか。

まだいろいろありますが僕が選んできたのはこんな間日です。どうでしたでしょうか。見たらわかりますが、どれもすごく過激ですよね。そう、この「UNITED COLORS OF BENETTO」というブランドの広告は毎回こんな感じなんです。

このような広告はアリかナシか

やはりこういう広告を出している分、このブランドが嫌いだという人も中には出てきてしまうと思います。しかし、どんな人でもこの広告を見れば、印象に残るのは間違い無いですよね。広告というのは元はと言えば、どうやって見た人の印象に残すかが鍵になってくるので、そういう面で考えれば大成功と言えます。問題はその過程だと思います。ファッションブランドなのに服を宣伝してるわけでも無いです。試みとしては面白いと思いますが、人種差別的な意味を込めている感じの広告などもあったりするので個人的には「ナシ」ですが、皆さんはどうでしょうか。

まとめ

今回はかなり特殊な宣伝をするブランドということで取り上げてみましたが、どうでしたでしょうか。宣伝する方法は企業それぞれです。ファッションブランドなのに服を宣伝しないという日本ではまず見ることができない広告で面白かったのではないでしょうか???

今日の一曲

コメント

タイトルとURLをコピーしました